趣味の用品を持って行ってもらおう

スキーやスノーボードの用品

スキーをする時は板やストックなど、様々な用品が必要になります。
自分で処分しようと思っても、どのようなごみに分類されるのか分からないと思います。
不用品回収業者に任せれば、粗大ごみとして扱ってくれます。
引き取ってもらったら、後は不用品回収業者が適切に処分してくれるので何も心配はいりません。
趣味のものを捨てるのはもったいないかもしれませんが、もう使わないなら処分した方が良いです。

丁寧に扱ってくれる不用品回収業者を探してください。
もう使わないとは言っても、これまで愛用してきた用品です。
それを雑に扱われると、不愉快な気持ちになると思います。
丁寧にトラックに積んで、持って行ってくれるのかチェックしましょう。

釣りの道具を処分するために

ルアーぐらいだったら、小さいので自分で簡単に処分することができます
ですが竿になると大きいので、燃えるごみの日に出すのはまず不可能です。
きちんと不用品回収業者に連絡してください。
使わないからと、その辺に捨てることは絶対にいけません。
ごみを捨てる場所として指定されていない場所に勝手に捨てる行為は、不法投棄になります。

法律で禁止されていることなので、破れば厳しく罰せられます。
今は新しい趣味を見つけている人がいるでしょう。
これまで竿を保管していたスペースに、新しい趣味の道具を置いても良いと思います。様々な趣味のものが置いていれば、スペースがなくなってしまいます。
すると自分が生活を送る場所すら、確保できないでしょう。


▲ TOPへ戻る